アラフィフバツイチの生活

おひとりさまもいいけど再婚もね。ユル婚活はじめました。汚部屋以上ミニマリスト未満で断捨離もユル派です。

カレン・キングストン

汚部屋すぎて捨てられない人のための断捨離モチベーションアップ術

部屋全体が汚部屋すぎて、断捨離したいのに、一体どこから手をつけてよいかわからないという時、「手をつけるべき場所」を決めると手をつけやすいのではないでしょうか? そのために、カレン・キングストンの「風水定位盤」を使って、ガラクタ処分のキッカケ…

『ガラクタ捨てれば自分が見える』の風水定位盤を使った部屋選び

カレン・キングストンの『ガラクタ捨てれば自分が見える』に、風水定位盤というものが出てきます。 わたしは、この風水定位盤を、引っ越しの時の部屋選びに使っていました。それで、自分の部屋の選び方に、「奇妙なクセ」を発見しました。

着ない服どうする?…捨てられない人には、ユルい断捨離がオススメ

着ない服とか着なくなった服をどうするかという話です。「なかなか捨てられない」という人は、無理して断捨離しない方がいいと思っています。 着ない服や着なくなった服は、最終的には処分するのがいいと思いますが、「服単位」ではなく、「収納スペース単位…

「1年間一度も使わなかったモノは捨てる」ルールって必要?

断捨離などでモノを処分したり捨てたりするのに、「1年間一度も使わなかったモノは捨てる」というルールで潔く手放していくという話をよく目にします。 でも、このルールって本当に必要なのでしょうか? 私は、こういうルールで処分しなかったので、「1年…

断捨離をすると何か人生に新しいものが入ってくる --- たまたまかも知れませんが(二回目の断捨離)

わたしは、離婚にいたる中で初めて大がかりな断捨離をしたあと、青空のようなすっきりと晴れ晴れとした気持ちで過ごしていました。 最近、他の方のブログを読んで「なるほど!」と思いましたが、その言葉を借りれば、まさに「結婚生活の断捨離」でした。 そ…

わたしの「断捨離のバイブル」カレン・キングストンの本

今日は、わたしの「断捨離のバイブル」カレン・キングストンの本について書きます。 断捨離という言葉は、やましたひでこさんが発明したものなので、正確に言えば断捨離の本というわけではないのです(そういえば、わたしは、やましたさんの本はまだ一冊も読…