読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフィフバツイチの生活

おひとりさまもいいけど再婚もね。ユル婚活はじめました。汚部屋以上ミニマリスト未満で断捨離もユル派です。

【婚活 準備】結婚相談所に資料請求してみました --- アラフィフでも大丈夫みたい

スポンサーリンク

結婚相談所に資料請求してみました。

「婚活しよう」あせらず、ゆっくり…と思いましたが、一体、アラフィフで婚活が可能なのかどうか、心配になったので、調べてみました。

ひとまず、資料請求できるところ数社見つかったので、安心しました。これは、アラフィフでも、一応需要はあるということの証拠なわけで、ホッとしました。

「結婚相談所 アラフィフ」で検索して、いくつか比較サイトが出て来ましたが、まずはコチラでお試し。

www.kekkon-shokaijo.net

 自分のプロフィールなどを入力すると、「ツヴァイ」「楽天オーネット」「ノッツェ」の資料を請求できるようでしたので、全部一括請求してみました。

わたしは、資料を請求して、資料を見て検討して…というつもりだったのですが、先方も商売なのか親切なのか、3社とも間もなく電話がかかってきました。

まず、真っ先に電話をくれた「ツヴァイ」に、相談の予約を入れることにしました。登録する前の無料の相談だというので、どうなるかはわかりませんが、条件の合う相手を探すシミュレーションをしたり、流れなどを聞けそうです。

また、この段階では普段着でも良いということなので、早速アポイントをとりました。

この状況はまたの機会に書きたいと思います。

結婚相談所の勢いに飲まれそうでした

わたしの最初のイメージとしては、3社から資料が郵送されてきて、それを見てから訪ねてみる…という感じでしたが、そういうものではなさそうだということが、「ツヴァイ」の最初の電話からわかってきました。

間もなく、「楽天オーネット」それから「ノッツェ」からも同じような連絡がありました。でも、まだ今は色々と予定もあるので、一度にまわり切れないと思って、「資料を頂いてからまた連絡します」ということにしました。

やはり商売ということもあってか、その勢いはすごいです。勢いに飲まれそうになりましたが、ここはやはり自分のペースでいきたいところです。

まだまだ何も決まってないので、生活やお金のことを考えても、仕事は婚活同様、重要です。

結婚は勢いも大事かも

でも、結婚て、ある程度勢いでいいのかも? なんて思いました。

以前の結婚のことを振り返ってみても、何やら自分の意志とはまったく別物の勢いみたいなものがあったのです。

離婚もめんどくさかったですが、結婚も相当メンドクサイものです。これだけメンドクサイものは、やはり勢いがないとやれないものなのかも知れません。

それにしても、ちょっと資料を請求したら、これだけ反応がありましたので、ここはアセらずやって大丈夫そうな感じです。

結婚相談所のうさんくささがなくなっていた

以前は、結婚相談所って、何だかうさんくさい気がしていました。でも、今のわたしは不思議とそう感じません。

また、以前は、「結婚は恋愛結婚じゃなきゃ嫌だ」と思っていましたが、今はそうは思わなくなりました。

これは、私生活の中であまりにも出会いがなさすぎたからかも知れません。

それに、恋愛結婚がかならずしもハッピーエンドとは限らないことは身を持って体験済みですし、見合い結婚だった祖母や両親が最後まで連れ添ったことを考えると、意外とお見合いというのが良いのかも知れないです。一概には言えませんが。

今のわたしにとって、結婚相談所という存在は、お見合いに関して強力なコネのないわたしに、仲人の代わりになってくれそうな有り難いものに感じられます。

アラフィフでも喜んで受け入れてくれるのだということがわかっただけでも収穫でした。