アラフィフバツイチの生活

おひとりさまもいいけど再婚もね。ユル婚活はじめました。汚部屋以上ミニマリスト未満で断捨離もユル派です。

50代の「自分探し」は「健康探し」「美容探し」「オシャレ探し」

スポンサーリンク

50代自分探しは健康探し…って、何かのCMみたいなタイトルですが、「自分探し」って、メンタルよりも体を鍛えたり整えたりした方が、楽にできますよ、という話です。

これ、50代に限ったことではなく、誰にとっても同じです。

 自分を探したくなるのは現状が不満だから

自分探しって「今の自分は本当の自分じゃない」みたいな、メンタルの悩みだと思って、本を読んだりすると思います。旅に出る人もいるのかもしれません。

でも、いくら探してもどこにも自分などいなくて、さらに悩みます。でも、自分以外のところをいくら探しても自分なんていません。自分は「今自分がいるところ」にしかいないので、それって、当然のことです。

そういう悩みは、ただ単に「自分に不満でしっくり来ていない」ということなんじゃないかと思います。

わたしも、かつて、長年、悩んでは本を読みあさっていました。

体が健康になったら悩みが減った

きっかけはヨガでした。メンタルの悩みはさておき、体も病気未満の得体の知れない不調が色々あったのですが、ヨガをやるようになってから、そういう不調が解消されました。

例えば、肩こりや腰痛がラクになりました。坂道や階段を登るときに、膝が「ギクッ」となっていつも痛かったのですが、体が柔軟になるに従って膝の痛みも消えました。

それから、足のむくみがとれて、妙な圧迫感のある痛みが消えました。疲れにくくなったり、風邪をひきにくくなったり、慢性的な不健康が解消されたのです。

以前も書きましたが(以前の記事>>>婚活だって体が資本 -- ヨガは健康にいいだけじゃなくて自信までアップしてくれる)、健康に自信が出てくると「自分まだまだイケル!」って、妙に自信が出てくるのです。

それで、あまり自分について悩まなくなりました。

これって、本当に不思議なのですが、体が健康になると、心の悩みが消えるのです。

もしかすると、自分への不満って、体の不調のせいかも知れないと思いました。何を悩んでいたのかよく覚えていないのでした。

全ての人にヨガがいいとは言いませんが、多分、体調が良くなるとメンタルも良くなるのって、万人に共通しているような気がします。

見た目を整えると自然に気分がアップする

これもよくこのブログで言っていることなのですが(例えばこんな記事で>>>「見た目」がこんなに大事だったとは…!と、つくづく思った時の話です。)自分自身の見た目をアップすると、気分が突然明るく、前向きになるのは事実です。

自分探しもいいですが、暗い顔して読書するより、メイクしてオシャレして鏡に向かってニッコリした方が、たちまち元気は出てくるというものです。

だからやっぱり50代も健康・キレイで行く

健康になってキレイにしたら、ごく自然にメンタルの悩みは消えます。断捨離したり掃除したりして部屋をキレイにするのもいいですね。

そして前向きな気持ちになったら、自分は探すまでもなく、「自分はいつも、今ここに居るのだ」という永遠の真理幸福のもとを実感できるのではないでしょうか?