アラフィフバツイチの生活

おひとりさまもいいけど再婚もね。ユル婚活はじめました。汚部屋以上ミニマリスト未満で断捨離もユル派です。

Macの設定で、ブルーライトをカットしました

スポンサーリンク

ブルーライトが本当にどれだけ有害かということはわかりません。

 でも、色々なネット上の記事を読んでいると、睡眠障害や肌への影響、目への影響などが疑われているようです。

 気のせいだろうと思っていましたが、今年の夏、日中は部屋に閉じこもりっぱなしだったのにもかかわらず、日焼けしたような感じの顔色になっていったので、もしかしたらブルーライトのせいかも知れないと思いました。

 また、あまりぐっすり眠った感じがしなくなってきているのも気になっていましたので、ブルーライトのせいかどうかはわかりませんが、カットできるものはしてしまおうと思って、昨日、いつも仕事で使ってるiMacのブルーライトをカットしてみました。

 パソコンやスマホの設定でブルーライトをカットする方法

こちらの記事を参考にさせていただきました。

hataraku-ikiru.com

 日焼けが気になったので、しばらく前から、仕事スイッチを入れるためということもあり、家でもメイクすることにしていましたが、やはり最近、あまり睡眠が充実していない感じもしてきたので、思い切ってブルーライトをカットすることにしました。

Macのブルーライトをカットすることのデメリット

わたしが、ブルーライトの害を知り、上記の記事のように、簡単にブルーライトをカットできる方法を知ったのにもかかわらず、今までカットしなかったのには、それなりにデメリットがあったからです。

 やはり、色がかなり変わってしまいます

「白色が黄ばんだかんじになる」というのがデメリットです。

当然、他の色も沈んだ感じです。

 紙媒体のデザインの仕事をしているので、色を決めたり調整したりするのに、印刷の仕上がりに近い色設定をしていました。(これはブルーライトが含まれた色です。)

 ですから、なかなか、パソコンの設定を変更してしまうことに抵抗がありました。

 二種類の設定を保存して使い分けることに

そこで、

・ブルーライトを含んでいるけど、色が印刷に近い設定

・ブルーライトを含んでいない設定

この2つを用意しておいて、使い分けていくことにしました。

 ブログの記事を書くのに、印刷を意識する必要はありませんので、今はブルーライトをカットした状態で記事を書いています。(ちなみに今は深夜です)

 そのせいか、何だかとても眠くなってきました。

 今まで深夜の方が元気なのでは? というほど目が冴えていましたが、今日はとても眠いです。やはりブルーライトの睡眠障害というのは、本当のことなのかも知れないと思えてきました。