読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフィフバツイチの生活

おひとりさまもいいけど再婚もね。ユル婚活はじめました。汚部屋以上ミニマリスト未満で断捨離もユル派です。

「節約したいから服の断捨離」への疑問。服にお金をかけない一番の効果とは?

スポンサーリンク

服の断捨離を風水的な効果として考えて、断捨離するなら、節約にはならないのではないでしょうか?

もし、ただ単にお金を使いたくないなら、服の断捨離はしない方がいいと思います。手持ちの服で満足して生きるのが、最もお金のかからない服との付き合い方です。

節約だけが目的なら断捨離しない方がいい

もし、お金の節約だけのことを考えるなら、断捨離はしない方が節約になります。例えば、今持っている洋服だけを着ることにして、一生洋服を買わなければ、服の断捨離はしない方がお金は使わなくて済みます。

でも、これって、かなり乱暴な考えですよね? 「ダイエットしたいなら食べなければいい」と言っているのと、ほとんど同レベルに乱暴な考えです。

気分よく生きるために洋服を見直すからお金がかかる

もし、おしゃれに気分を左右されないで、何を着ていても、少しも気分に影響しないという人がいたら、その人は相当幸せな人だと思います。

ほとんどお釈迦様レベルですね。お釈迦様は、捨ててあるボロ布をはぎ合わせて着て、それだけしか服を持っていなかったといいます。究極のミニマリストなわけです。

でも、わたしたち凡人は、なかなかそうも言っていられません。どうしても服は必要だし、「もっと欲しい」という欲もあります。

余分な欲に何とか折り合いをつけて、服は、個人的には、「気分よくなるように」選ぶのがいいと思っています。

わたしにとって、断捨離は、自分の手持ちの服を「気分がよくなる服」にするための一つの手段です。

「気分がよくなる服」をそろえるために、「買い足したり」「買い替えたり」すると、買った分は当然お金はかかってきます。

なぜ節約になると言われるのか?

それでもやはり、手持ちの服を気分良くした方が、後々、節約になるという面はあります。

それは、何度か断捨離したり「買い足したり」「買い替えたり」していくうちに、自分の手持ちの服に満足できるときが訪れるからです。

そうすると、断捨離する必要がほとんどなくなってきます。そして、最初に書いたように、「手持ちの服で満足して生きるのが、最もお金のかからない服との付き合い方」という、理想的な状態が実現されるのです。

ときどき古くなりすぎた服を捨てたり買い替えたりするだけになります。こういう状況になって始めて、断捨離すると節約になると言っているのだと思います。

満足すればお金はかからない

自分の手持ちの服に満足するまで、断捨離→「買い足し」「買い替え」のプロセスを繰り返すのなら、相応にお金はかかります。

でも、自分の手持ちの服に満足するのには、これ以外にも方法はあります。それは、「満足してしまう」ということです。

本当は満足していないのに満足したフリをするのは苦しいですが、どこかで折り合いをつけて「これで良しとしよう」と、決めてしまえば、完璧でなくても満足できるのではないでしょうか。

自分の心が変化すれば、厳しすぎる基準で断捨離しようと思った服でも「気分よくなる服」「満足できる服」に変貌したり、「服があるだけでありがたいのだ」などと思えるかも知れません。

そういうわけで、個人的には、断捨離を単純に節約のためにするのは、ちょっと発想がズレていると思っています。