読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフィフバツイチの生活

おひとりさまもいいけど再婚もね。ユル婚活はじめました。汚部屋以上ミニマリスト未満で断捨離もユル派です。

今日は、過去2ヶ月間のなかで一番ココロ穏やかな日

スポンサーリンク

今日は、在宅ワークを初めてからの2ヶ月のなかで、一番ココロ穏やかな日となりました。

 

…といっても、まだ一日は終わってはいないのですが。

 

 

 

実は、今日はフリーになって初めての報酬がもらえたのです。

7月締めの仕事の請求を先月出したのですが、翌月末日払いなので、それを受け取ったのが今日となりました。

 

 

やはり実際にお金を受け取ってみるまでは

「本当に仕事は回っていくのだろうか」とか

「支払いは無事にされるのだろうか」とか、

必要以上の不安と緊張感が、毎日の気持ちの根底にあって、気が気ではありませんでした。

 

勤めていて給料をもらっていたころ、給料日は、日付けがかわるとすぐに振り込まれていることが確認できました。

 

今は主にネットバンキングを使っているので、給料日前日の深夜、24時を過ぎると、すでに給料は振り込まれていました。

 

それで、昨日の深夜も、今日に日付けが変わるのを待ち構えたように自分の指定した口座をのぞいてみたのです。

 

ところが、まだ振り込まれてはいませんでした。

 

何だか心配になって、「振込指定期日」だとか「振込指定時間」のような言葉でググったりして色々調べてみました。

 

給料の場合は、会社が銀行に振込以来をしていると、日付けが変わると振込をすることがあるのだそうです。でも、普通は、振込指定日の前日の時間外に振り込まれていれば、反映されるのは、営業時間がスタート(9時とか)してから。

 

また、振込日指定の場合は、銀行によっても多少違いはあるのかも知れませんが、午後2時か2時半くらいまでに振り込めば、その日のうちに間に合うのだそうです。

 

ですから、早くて朝9時、最大で午後3時までは待ってみる必要があるな、と思い、気が短いので待ちくたびれてしまいましたが、あきらめて早々に寝てしまいました。

 

 

そして、今朝また9時すぎにドキドキしながら口座をのぞいてみました。

 

無事に振込はされていました。

 

 

信頼していなかったとかいうことでもなく、自分の取り越し苦労にちがいないとは思っていたのですが、実際に振込まれたお金を目にした時の安心感や開放感はたまらないものがありますね。

 

お金のエネルギーはスゴイです。