読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフィフバツイチの生活

おひとりさまもいいけど再婚もね。ユル婚活はじめました。汚部屋以上ミニマリスト未満で断捨離もユル派です。

一人で生きて行くのが「つまらな過ぎて」結婚したいんです

スポンサーリンク

週末、楽天オーネットの無料相談に行ってきました。わたしはまだどの相談所にするのか検討中ですが、無料相談で担当の方とアレコレ話していると、自分の理想の結婚イメージがハッキリしてくるものです。

どの相談所にするか決めるのは、気が済むまで見て回るにしても、気の合うアドバイザーの方とのおしゃべりは、「イメージの決定」に役立つので、オススメです。

先週はツヴァイに行って、自分の「結婚相手への条件」を改めて検討しましたが、今回はそれに加えて、結婚相手に求めるものが、もっとハッキリしてきました。

わたしが結婚相手に求めるもので大事なのは「楽しさ」で、わたし自身もそうできたらと思っています。

 楽しく生きたいから結婚したい

一人暮らしで在宅ワークを始めて、今4ヶ月目に突入していますが、正直、真っ先に感じることは、「一人で生きるのは本当にとてもツマラナイ」ってことです。

一人暮らしの在宅ワーカーは、殆ど誰にも会わないです。コンビニやスーパーの店員さんたちくらいです。

勤めていたときは、日々の忙しさから、「家で仕事がしたくてしたくてたまらない」ということにばかり注目していました。でも、勤めていたときは、上司や先輩や同僚などとの会話がたくさんありました。

ナンダカンダと言っても、他の人と会話ができる機会が日常的にあるというのは、楽しいものだったのだと、一人になってみて気づきました。

「さみしい」と「つまらない」はちょっと違う

一人で居ることができなくて「淋しい」という理由だけで、誰かと別れた直後に恋愛に走ったりするのは、かなりの確率で良い結果を産まない気がします。

そういう時は、逆に一人でちゃんと居られる練習をした方が良いと思っています。精神的に自立していなくて、誰かに常に寄りかからなければならないわけなので、自分の面倒は自分で見れるようになった方がいいと思います。

でも、わたしが今ここで言う「つまらない」というのは、このような依存症的な淋しさとはまたちょっと違います。もう、本当につまらないのです。

虚しいというか、やりがいがないというか、生き甲斐がないというか…。壮絶な孤独感です。(これを淋しいと言ってもいいのですが。)

無人島に流れ着くとこういう感じになるのかも知れないです。

わたしは誰かと様々なことを分かち合いながら生きたいと思っています。

会話したり、笑ったり…。

にっこり笑顔を鏡の前でやって、いつも元気出していますが、丸一日どこまでいっても本当にこのようにずっと一人だと元気も空回りしてしまいそうです。

誰かと一緒に遊んだり、旅行に行ったり、食事したり、色々と楽しいことをして、楽しく生きて行きたいです。だから、一緒に色々と楽しんでくれる人とか、面白い人であることが、結婚相手に求める性格です。

毎日、腹の底から笑って生きられたら、他に健康に気をつかうべきことなんて何もないような気がします。その他のことはあとからついてきそうです。

ツヴァイとオーネット、どちらがいい?

個人的には、オーネットの方がいいです。どちらも良い感じです。この2社はシステムが似ています。ただ、オーネットは、「担当のアドバイザーがいる」というところが、一番良かったです。

しかも、わたしと同年代の方で、とても話がしやすかったです。また、わたしの条件に合う人がツヴァイよりもたくさんいました。

世の中にツヴァイとオーネットの2つの結婚相談所しかなかったら、わたしは間違いなくオーネットにします。楽天ポイントもたまりますし。

でも、世の中にはまだ他にも結婚相談所があるので、もう少し検討してみたいです。

イメージは先に思い描いた方がいいと思うんです

実際に色々な人と会ってみなければ、何も始まらなワケですが、それでも、自分の中で、ある程度、結婚へのイメージはハッキリさせた方がいいと思います。

こないだ、婚活は就活と似ているという記事を書きましたが、結婚や就職だけではなく、何事も、まずは思い描くところから始まるのではないでしょうか。

就職だって、どんな会社でどんな仕事でも何でも片っ端から応募するということではなくて、「自分のやりたい職種がある会社」というのを、まず考えないとダメなわけで。

反面、数打てば当たるも本当のところではあります。だから、「自分のやりたい職種がある会社」を片っ端から応募、というのが成功への近道だと思っています。

同じように、「自分の条件やイメージに合う人」を数打てば、結婚への道が開けて来そうな気がしますし、変な男にひっかかって、無駄な時間を過ごすことがなくなるのではないかと思っているところです。