読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフィフバツイチの生活

おひとりさまもいいけど再婚もね。ユル婚活はじめました。汚部屋以上ミニマリスト未満で断捨離もユル派です。

結婚相談所って、アドバイザーとの相性もとても大事だと思った件

スポンサーリンク

わたしは、7つの結婚相談所に資料請求し、7つ全部にアポイントを入れました。

1社目のツヴァイ、2社目の楽天オーネットも、無料相談はとても楽しかったのですが、3社目の仲人協会に行って、「これは違うな」「自分には向かない」と思いました。

条件至上主義

仲人協会は、「他の結婚相談所と違って、長々と説明を聞かせないために」というサービス精神から、資料だけではなく、説明のDVDも、ネットから請求すれば郵送してくれます。

最初は、「これって、親切だよなあ」と、思っていました。DVDは12分くらいで、相談は30分程度だそうで。

ツヴァイは2時間くらい、楽天オーネットは3時間くらいでしたから、それを考えると、とても短時間で済むわけなので、ある意味とても親切です。

また、仲人協会のメリットは、入会金がとても安いこと。成婚料はかかるので、成婚すれば、トータルで他の結婚相談所と変わらないくらいになりますが、スタートが安いから、他の相談所と掛け持ちで入会しても良いかも知れないと思っていました。

それで、DVDを見てから無料相談のアポイントをとりました。

「DVDは観ていただけましたか?」

「はい。」

「何かご質問はありますか?」

…このやりとりに、わたしはすでに嫌になりました。とにかく、DVDで全て説明しているので、何か質問があれば答えますが、という態度なのです。

もしかして、長い面談時間を削減したいのは、利用者のためではなく、団体側の都合なのかも知れないと思いました。

でも、「わたしに合う人はどれくらいいますか?」と聞いてみると「条件次第です。」と言いながら、わたしぐらいの年齢の条件の厳しさについて滔々と語り始めました。

(そんなこと、100も承知で婚活してるんですけど…みたいな)

自分の結婚観みたいなことを少し話してみたら、

「それは、お相手に聞いてみて下さい。まずは、条件ですから。」

「………。」

なんだか、とりつくシマもありません。

若い人=好条件の人はお得かも

入会金とか会費は、確かに安いです。そして、2週間に一度送られてくる、条件に合う相手の数に、上限はないそうです(たくさん相手がいる人には何人か絞って送るそうです)。

一方、条件が合う相手がいなければ、ゼロのときもあるとのこと。

これは、わたしのような高齢者ではなく、若い人にはお得だということです。3人紹介してもらえる人も、ゼロ人紹介してもらえる人も、金額に差はないわけですから。

最悪、一年間紹介がゼロ人だという可能性もあります。

そうなると、いくら安いとはいえ、お金はすべてドブに捨てることになるわけです。これならば、婚活パーティに1〜2回行った方が、「少なくとも誰かに会うことはできるな」と思い、「検討します。」と言って帰ってきました。

例え高額でも、紹介する人数によって金額を変えたり、また、紹介する人数がいないは入会をお断りするという、ツヴァイやオーネットの方が、特にわたしのような悪条件の高齢者には、親切だと思いました。

結婚相談所やアドバイザーと結婚するわけではないですけど

そもそも結婚が目的であるので、相談所やアドバイザーがいくら良くても相手がいなければ何もならないでしょうけど、仲人協会は、アドバイスしてくれるとか、応援してくれるとか、そういう雰囲気ではありませんでした。(少なくとも今日のわたしには)

また、交際に入ると、交際担当のアドバイザーが別につくそうです。その人と気が合えばまた別なのかも知れませんが、

「土日にもなれば何十組もお見合いをやっているんです。」とか、

「事務の手続きが大変なので…」とか、もうすでに「忙しいんです!」みたいな、歓迎されていないようなムードで、お見合いに足を運ぶことさえ想像できないという感じがしました。

面談は20分で終わりましたが、オーネットの3時間よりも長い20分でした。

でも、仲人協会って、ネットの口コミなんか見ていると、そう悪くないのです。だから、仲人協会が悪いということではなくて、多分「相性」なんだと思います。

また、ツヴァイやオーネットは、入会すればお金になるので親切だったのかも知れません。仲人協会は、入会だけではたいしてお金にならないのであまり親切ではなかったのかも。

仲人協会が本当にお金になるのは成婚したときなので。悪条件の、いかにも成婚しなさそうな人は、その見込みもないわけですから、不親切なのは当たり前だったのかも知れません。

良くも悪くも、資料請求だけではなく、足を運んでみないとわからないものですね。まあ、こちらに入会ということはないと思います。★一つにしておきます。

仲人協会へのフォローとわたし自身の反省

実は仲人協会へのフォローに関して、わたし自身にも落ち度があったと思います。面談時間が短いということで、平日の夜、取引先に「何時から何時まで外出します」と断って、落ち着きのない中、バタバタと出かけていきました。

ツヴァイや楽天オーネットのときは、休みの日で、服装はカジュアルでしたが、気持ちに余裕を持って、見た目にはそれなりに力を入れて行きました。

それで、仲人協会の人は、何となくわたしをナメてしまったのかも知れないと思います。また、仲人協会は、カジュアルでは行かない方がいい雰囲気でもありました。

アドバイザーの方も、少し固めの、きちんとした感じの高齢な女性だったからです。ですから、もし仲人協会を訪問するのなら、多少きちんとした服装で行った方が良いように思います。

婚活での見た目は、ぬかりなくした方がいいですね。

また、「楽しみにして出会う」というよりも「値踏みする」ような態度だったかも知れません。これはお見合いでも気をつけなければと思います。同じ人と出っても、「楽しみにして」出会うのと「値踏み」で出会うのとでは、同じ結果を産まないと思いますので。

また、アラフィフの婚活の困難さの現実は、仲人協会の人が言う方が事実なのかも知れないということも心の留めておいて、もっとわたしを応援してくれるようなアドバイザーのいる相談所に入会しようと思います。

言霊やイメージトレーニング、引き寄せなどの面からも、ポジティブに接してくれるアドバイザーの方が、良い結果を産み出しやすいと思います。