アラフィフバツイチの生活

おひとりさまもいいけど再婚もね。ユル婚活はじめました。汚部屋以上ミニマリスト未満で断捨離もユル派です。

引き寄せられない時に、ネガティブエネルギーを除去するには

スポンサーリンク

引き寄せの法則って、とっても魅力的です。「もっと良い仕事」「素敵な恋人」などなど、「引き寄せの法則で、どんどん引き寄せられたらいいな。」などと思って、引き寄せの法則の本を色々読みました。

でも、これがなかなか引き寄せられないんです。これは、ネガティブなエネルギーが邪魔しているからです。

 ネガティブなものを引き寄せているだけ

でも、以前も言いましたが、わたしたちは、いつでも絶えず何かを引き寄せています。ですから、心の中がネガティブな思いでいっぱいになっていると、ネガティブなものをどんどん引き寄せてくれているのです。

「こうなりたい!」と思っても、「なりたいイメージはほんのちょっとだけ」で、大半はネガティブなことばかり考えていたら、「大半のネガティブにふさわしいもの」だけが引き寄せられてきます。

「引き寄せの法則なんて、ウソばっかり! こんなの全然インチキ!」と思っていると、引き寄せの法則のウソを証明してくれそうな状況ばかり引き寄せてくれます。

ネガティブな考えを止めればいい

だから、ネガティブなエネルギーを発散させるような「考え方」「言葉」などを止めて、心がキレイになれば、それにふさわしい状況が引き寄せられてきます。

ネガティブなエネルギーがなくなれば、心が静まり、その状態で望みの状態をイメージすると、望んだものが引き寄せられてきます。

ネガティブエネルギーを除去するには根気が必要なことも

ネガティブエネルギーを除去するには、人に寄っては何年もかかったりします。わたしはそういう人だったと思います。

ですから、引き寄せの法則に惹かれて、引き寄せの本を色々読んでも、思い通りにはならなかったのです。

それで、しばらく引き寄せの法則に興味を失っていました。でも、あるときふと「思ったことがかなう」体験をしました。

それで、一体何が良かったのか、考えてみると、「ネガティブな考えをやめる」方法を色々やってきたからだということに気づきました。

その方法のひとつに、言霊の力を使うということがありました。

言霊の力を使ってネガティブエネルギーを除去する

・ネガティブな言葉を使うのをやめるようにする

・そのかわりにポジティブな言葉を使うようにする

ネガティブな言葉というのは、愚痴や悪口などです。これがクセになっていると、なかなか消えません。でも、どれだけ長い年月かかったとしても根気よくやめる努力をする価値はあると思っています。

本当は、愚痴や悪口をただやめられれば、それだけでも良いのですが、人間は心やアタマを空っぽにすると、必ず何か「湧いて出てくる」ものです。

座禅や瞑想をやったことがある人ならわかると思いますが、「何も考えない」ということは、殆ど不可能に近いのではないかと思います。雑念など、次から次へといくらでも延々に出てきます。

また、そうでなくても、家で一人ボンヤリしていると、これもまた、いくらでもどれだけでも延々と何か雑念が出続けます。

そして、その雑念というのがたいがいネガティブな言葉や考えだったりするのです。

ですから、「ネガティブな言葉を使うのをやめたら、ポジティブな言葉を意識して使う」ということで、ネガティブな言葉が湧いて出てくるのを防ぐようにしないと、スグに簡単に再び「ネガティブに汚染」されてしまいます。

ポジティブな言葉は意外とたいくつ

困ったことに、ポジティブな言葉は、最初、殆どピンときません。例えば「愛」という言葉があります。「愛」「愛」「愛」「愛」「愛」…延々に言い続けるのは本当にとてもたいくつです。

もちろん、ポジティブな言葉は他にも色々ありますから、色々使えばいいのです。仏教のお経なども基本的にポジティブな言葉です。ヨガのマントラなどもそうです。

ですが、どれでもたいてい最初は「飽き飽きしてしまいます。」少なくともわたしはそうでした。それでも繰り返しこの課題にとりくんでいけば、少しずつだんだん心は良い方向に変化していきます。

今でも完全に何もかも除去されたわけではありませんが、何年も前にくらべれば、随分マシになった感じがします。

人は基本的にネガティブが好き

人は、幸せになりたいと言いながら、「他人の不幸な話」「衝撃的なニュース」などのゴシップが好きです。そういうものの方が、刺激的だし面白く、興味がわいてきたりします。

テレビのニュースはそんな話ばかりで、以前テレビを批判したこともありましたが、ただ単にテレビの制作サイドが悪いというよりも、その方が視聴率がとれるから…要するに「みんな不幸が好きだから」という面はあると思います。

こういう人間の性が、なかなか「思ったことを引き寄せられないということ」の原因になっているのではないでしょうか。