アラフィフバツイチの生活

おひとりさまもいいけど再婚もね。ユル婚活はじめました。汚部屋以上ミニマリスト未満で断捨離もユル派です。

キッチンタイマーを使って15分集中断捨離(婚活のためのプチ断捨離1)

スポンサーリンク

婚活のための断捨離を始めました。といっても、何か婚活に効果のある特別な断捨離ということではなく、プチ断捨離という感じのものを、毎日少しずつやることにしました。やはり部屋はできるだけキレイな方が、何事も上手く回りますので。

それに、掃除したりして部屋をキレイにすることが運気が上がると、色々なところで言われています。

キッチンタイマーを使って集中する

キッチンタイマーを使って何かを集中的にやるというのは、数年前に、勉強法の本を読んだことがヒントになってやりはじめました。

その勉強法の本に載っていたのと同じキッチンタイマーを購入し、集中力を高めたい時などに利用するようになりました。全くヤル気が起こらないときでも、15分くらいならば何とか集中できるのでオススメです。

また、ヨガの瞑想を習いましたが、ヨガの瞑想も15分というのが一つの区切りになっています。15分というのは、何かと集中力には関係のある数字なのかも知れません。

f:id:gdamon:20161019142008j:plain

これがそのキッチンタイマーです。ボールペンと比べてわかる通り、とても小さいものです。

タイマーを使った15分集中法は、最初は英語の勉強をするために始めました。でも、掃除など家事をするのにも、仕事でやる気が出ないときも、何かと使えます。

15分だけで終わらせることもあれば、一服しながら15分単位で作業を繰り返すこともあります。また、15分で集中力のスイッチが入ると、いつのまにか一時間くらい集中していることもあります。

手始めに仕事のガラクタから断捨離

まずは、すでにたった3ヶ月でたまってしまった、終わった仕事の資料などを断捨離することにしました。電動式のシュレッダーは欠かせません。仕事の資料は、機密情報などが含まれているからです。

古い仕事の資料を捨てると、新しい仕事がやってきます。たまたまかも知れませんが、「今日は仕事のお声がかからないな」と思ったときやると、夕方ちかくになってお声がかかってきたりします。

たまたまかも知れませんが。

15分タイマーをセットして、時にはテレビでも見ながらひたすら紙をシュレッダーにかけていきます。ほぼ何も考えることなく手だけ動かしているわけですが、ただこれだけでも、気持ちもサッパリしていきます。

プチ断捨離ネタはいっぱいある

わたしは、おおがかりな断捨離はかなり前に終わっていますが、洋服や本など、小物のガラクタはよく見れば色々あります。

(最後のおおがかりな断捨離に関する記事はコチラ→狭い部屋を快適にするには、家具の購入はメジャーなどでサイズをきちんと計る(四回目の断捨離3)

また、やはり最初は必要な物でも、時が経つとガラクタに変化してしまうものです。

「入るスペースがあればOK」という感じでユルく断捨離し、放置していましたが、部屋の中の状態を変化させると、人生も変化するというのは感じていることですので、婚活の流れを良くするためにも、少しずつ断捨離することにしました。